お蔵入りとなったフリマアプリ UXのチーム共有

Startup Stock Photos
前回の、提供したいUXの決定までの続きです。

さて、目指すべき理想的なUXが決まったところで、次はメンバー全員にどう共有するか?を考えました。
イケてるチームメンバーがいるにも関わらず、僕一人が理想的なUXに向けて考え進めていくのはとても非効率です。
もちろん開発やデザインなど具体的な作業は進めながらチームメンバー全員で、このサービスの目指すべきところを理解し合い、ワクワクするビジョンを描いて皆で進んでいきたいところです。
また、四苦八苦しながらでも今回のUXデザインを社内に根付かせ、今後新しい事業の立ち上げ・運営の際に良い事例として仕組み化できればな。という思いも強くありました。

そんなこんなで、さてどうやってチームメンバーに共有するか…?とあれこれ悩みました。「ペルソナをつくるのはもちろん、要点をまとめて分かりやすく伝えよう。」とか、「決定したUXをパパーンと打ち出してその経緯を伝えよう。」「んーでもこれだと抜けがでそうだなー。」とかとか悩みまくりました。
正直ここが一番悩んだ部分かもしれません…。

そしてあれこれ考えて辿り着いた答えはいたってシンプル。
「自分が考えた道のりをそっくりそのまま伝える」でした。
僕はいつもevernoteにあーだこーだ考えながらそのままつらつらと全部メモっているので、それを少しだけ見やすくしてそのまま全部伝えよう。と決めました。

そんな感じでやっと共有方法が決まり、1時間くらいかけてチームメンバーに共有しました。以下そのときに使った資料です。

Desgin_ページ_1
Desgin_ページ_2
Desgin_ページ_3
Desgin_ページ_4
ペルソナ
Desgin_ページ_5
Desgin_ページ_6
Desgin_ページ_7
Desgin_ページ_8
Desgin_ページ_9
Desgin2_ページ_1
Desgin2_ページ_2
Desgin2_ページ_3
Desgin2_ページ_4

※実際に金額が書いてある箇所は消してあります。

こんな感じで目指すべきUXをチームメンバーに共有することができたので、次はUI設計に取りかかりました!
忘れないうちにそれも早く書かなければ…。

※タイトルにもある通り、このサービスはリニューアルの途中(ビジュアルデザインの途中)で撤退しお蔵入りとなってしまい、一番肝心な結果はどうだったわけ?までは知る事ができませんでした…。
個人的には残念でしたが、初めてUXとはなんぞや?から勉強して色々なことを考えることができ、デザインの視野をグググッと広げることができました。

前職のメンバーには頭が上がりませんね。本当に感謝です。